第一警備保障株式会社のお問い合わせやお見積りはこちら

福井県の第一警備保障株式会社警備業務・清掃業務の求人情報

福井県の第一警備保障株式会社、総合警備事業について


交通誘導

・交通誘導計画の企画立案
・車両の安全誘導
・交通誘導検定者の配置
・道路使用許可に伴う交通規制の設置・撤去作業

巡回警備

・定期・不定期に対象施設内外などを巡回パトロール、
 盗難・火事・事故などの未然防止

常駐警備

・警備員常駐による見える警備

イベント・施設警備

・警備員を配置しイベント会場や様々な施設における警備

セキリティ

・オフィスや建物内の24時間365日監視

監視カメラ

・防犯カメラや監視カメラを効果的に配置し
 犯罪などの未然防止

万一の時は、ガードマンが迅速に駆けつけ日々の暮らしをお守りします。

警備業務とは

まず「警備業務」とは、「他人の需要に応じて行う」ものであるという事。 警備業法では警備について上記のように定義されています。 ですから、「護身用具を持って自分の家の前で侵入者を見張る」、これは警備業務ではありません。 また、頼まれもしないのに泥棒を捕まえようとる行為も違います。 警備業務には、その形態によって下記の種類が規定されています。

  • 守衛 一号警備(守衛さんなど)
    事務所、住宅、興行場、遊園地等における盗難等の事故の
    発生を警戒し防止する業務
  • 交通誘導 二号警備(交通誘導)
    人や車両の雑踏する場所またはこれらの通行に危険のある場所に
    おける負傷等の事故の発生を警戒し防止する業務
  • 現金輸送 三号警備(現金輸送など)
    運搬中の現金、貴金属、美術品等に係る盗難等の事故の発生を
    警戒し防止する業務
  • ボディガード
    四号警備(ボディガードなど)
    人の身体に対する危害の発生を、その身辺において警戒し、
    防止する業務
次に「警備員」についてですが、警備員は一般の私人です。「いかにも」って感じの制服を着用して、腰には警棒を下げて、一見 恐そうな顔をしてデパートの中を巡回していても、彼ら警備員にはいわゆる警察官のような権限は一切ありません。

なので、怪しい人物を発見しても同意のない限り職務質問や身体検査はできませんし、車両に乗務する勤務中においても、警察車両のように制限速度超過や信号無視も出来ません。 道路工事で交通誘導をしている警備員にも、警察官のような強制力はありません。

従って、工事現場の仮設信号や警備員の誘導を無視しても、道交法違反にはなりません。(ですがスムーズな交通の流れのために誘導には皆様のご協力が必要です。) 例え警備員が、デパートで万引き犯を現行犯逮捕(現行犯逮捕は一般人が誰でも出来る行為です)しても、必要以上の身柄の拘束や取り調べは、警備業法により禁じられている行為です。

要するに、警備会社も警備員も一般市民と同じという事、むしろ警察官と同様の行動を期待をされるところが多いと言えるでしょ。